Grizedale Arts

Seven Samurai

Saturday 28 April '07
(from Seven Samurai)

Were building a bridge

Day 2 was wet but bearable and the work pace furious again â€" with this troop we could scalp the site in a week. I have now noticed that using equipment is the principle joy. There is an antipathy for the spade, I didn’t see one of the village pick one up for a moment, or a hand saw.
Principle achievements were felling timber and clearing fallen trees. The afternoon we managed to ‘plant’ mushrooms (in logs) and build a new and rather substantial bridge. There was little time wasted on aesthetics, just practical decisions about longevity and usability.


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Saturday 28 April '07
(from Seven Samurai)

Were building a bridge

Day 2 was wet but bearable and the work pace furious again – with this troop we could scalp the site in a week. I have now noticed that using equipment is the principle joy. There is an antipathy for the spade, I didn’t see one of the village pick one up for a moment, or a hand saw. Principle achievements were felling timber and clearing fallen trees. The afternoon we managed to ‘plant’ mushrooms (in logs) and build a new and rather substantial bridge. There was little time wasted on aesthetics, just practical decisions about longevity and usability.


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Friday 27 April '07
(from Seven Samurai)

Japanese cafe open!

いよいよこのイギリスでの活動のメインイベント「日本食レストラン」 ここでのメニューも前日までしっかりと話し合って準備された。午後12時にオープン! 「小さな町だし、あんまりお客さんは来ないだろう」と構えていたら、開店直後に満員!?\(°o°;)/ で、まだ盛りつけなんかも決めていなかったので焦った。でも光子さんとコミさん、他の村の皆さんはとても落ち着かれてました。 メニューは「天ざるセット」「峠定食(テイスティングセット)」の2つ。おそばセット、コミさんが担当、光子さんは峠定食担当。公男さんはおそば茹でと、みそ汁を。のぶじさんは天ぷら。ゆずるさんはホール担当。当初はのんびりの予定で「交代で休憩しよう」と言っていたのに、結局20時まで役割が変わることなく、皆さんみっちりとお仕事・・・おつかれさまでした。 お客さんは、完食された方が多く、昨日と同様「え!ワラビ!?」って驚かれてました。地元の新聞社やテレビも取材に来たりで、このイベントがこの地域でかなり注目されている模様です。

2021222324


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Thursday 26 April '07
(from Seven Samurai)

ãŠæ–™ç†æ•™å®¤

今æ-¥ã¯ãƒ‰ã'­ãƒ‰ã'­ãŠæ-™ç†æ•™å®¤ã®æ-¥ã€'毎æ-¥ã€å…‰å­ã•ã'"ã¨ã'³ãƒŸã•ã'"ã¨ä¸€ç·'ã«ã€Œã©ã'"ãªãƒ¡ãƒ‹ãƒ¥ãƒ¼ã«ã-ã'ˆã†ã‹ã€ã¨è©±ã-åˆã"ã€è©¦ä½œå"ã''作ã£ãŸã'Šã''ã-ãŸã€'æ-¥æœ¬ã¨ã'¤ã'®ãƒªã'¹ã§ã¯é£Ÿæã®æ¡ä»¶ã''é•ã†ã-ã€æ°´ã''é•ã†ã®ã§ã€ãªã‹ãªã‹å³ æ'ã®å'³ã''出ã™ã®ãŒé›£ã-ã"ã€'å…‰å­ã•ã'"ã¨ã"ã¿ã•ã'"ã¯ä½•åº¦ã''æŒ'戦ã-ã€ãƒ¡ãƒ‹ãƒ¥ãƒ¼ãŒæ±ºã¾ã£ãŸã€'ã''ã¡ã'ã'"「ワラãƒ"ã€ã¯å¤-ã›ãªã"ã€'æ¹-水地æ-¹ã«ã¯å±±ä¸€é¢ã«ãƒ¯ãƒ©ãƒ"ãŒç"Ÿãˆã¦ã"ã¦ã€é›'è‰ã¨ã-ã¦çš†ã«å«ŒãŒã'‰ã'Œã¦ã"ã'‹ã€'å±±èœæ-™ç†ã¯æ'ã®äººã®å¾-æ"ã¨ã™ã'‹æ-™ç†ã®ã²ã¨ã¤ã§ã'ã'‹ã€'ãã®ä»-ã€å¤©ã·ã'‰ã«ã¯ã€Œã'¿ãƒ³ãƒãƒã®èŠ±ã€ã€Œæ¤¿ã®èŠ±ã€ã€Œã''ã¿ã˜ã€ã€Œã'¨ãƒ«ãƒ€ãƒ¼ï¼ˆã'¤ã'®ãƒªã'¹æ-™ç†ã«ä½¿ã'ã'Œã'‹ï¼‰ã€ãªã©ãªã©ã€é‡Žã«å'²ã花々ã''ã€'

åˆå‰ä¸­ã¯ç"·æ€§é™£ã¨ã¨ã''ã«ã€ãŠæ-™ç†æ•™å®¤ã«å'åŠ ã™ã'‹åœ°å…ƒã®ã'·ã'§ãƒ•é"ãŒå±±èœæŽ¡ã'Šã«ã€'åˆå¾Œã‹ã'‰å…‰å­ã•ã'"ã€ã'³ãƒŸã•ã'"ãŒç"¨æ"ã-ãŸãƒ©ãƒ³ãƒã''皆ã§é£Ÿã¹ã'‹ã€'ãŠèŠ‹ã®ã«ã£ã"ã'ãŒã-ã€ã-ã'‰ã'ãˆã€ã¿ãæ±ã€å³ ラã'¤ã'¹ã€å¤©ã·ã'‰ã€ãã°ã€ã'ã'‰ã³ã®ãŠæµ¸ã-ã€æ¼¬ã'物・・・ã‹ãªã'Šè±ªå‹¢ãªãƒ©ãƒ³ãƒã€'ç"·æ€§é™£ãŒã€ãŠç®¸ã®æŒã¡æ-¹æŒ‡å°Žã€å¥³æ€§é™£ãŒæ-™ç†ã®ä»•æ-¹ã''説明ã€'ワラãƒ"æ-™ç†ã«ã¯çš†å£ã''æƒãˆã¦ã€ã€Œé£Ÿã¹ã'Œã'‹ãªã'"ã¦çŸ¥ã'‰ãªã‹ã£ãŸï¼ã€ã¨ãƒ"ッã'¯ãƒªã€'実ã¯æ'ã®æ-¹é"ã¯ã€Œã"ã'"ãªã«ãƒ¯ãƒ©ãƒ"ãŒã'ã'‹ã®ã«é£Ÿã¹ãªã"ã ãªã'"ã¦ã€ãã£ã¨æ˜"ã®äººãŒè©¦ã-ãŸã'ã©ç¾Žå'³ã-ããªã"ã¨æ€ã£ãŸã‹ã'‰é£Ÿã¹ãªã"ã®ã‹ã''ã€ã¨å¿ƒé…ã-ã¦ã"ãŸãŒã€å®Ÿéš›ã¯ãŸã 知ã'‰ãªã"ã ã'ãªã®ã ãã†ã ã€'ã'¢ãƒ€ãƒ ã«èžãã¨ã€ã"ã®åœ°æ-¹ã®äººé"ã¯æ¹-ã«ã"ã'‹é­šã''食ã¹ã'‰ã'Œã'‹ã¨çŸ¥ã£ãŸã®ã''ã"ã"最è¿'ã®ã"ã¨ã ãã†ã ã€'

ランãƒå¾Œã«ã€ã'«ãƒ¬ãƒ³ã¨æ'ã®äººã«ã'ˆã'‹ã€ŒãŠç±³ã®ç'Šãæ-¹ã€ã€ŒãƒŸã'½ã®ç¨®é¡žã€ã€Œæ¼¬ã'物ã®æ¼¬ã'ã‹ãŸã€ã€Œã ã-ã®å-ã'Šæ-¹ã€ã®èª¬æ˜ŽãŒã'ã'Šã€ãã®å¾Œæ'ã®æ-¹é"ã«ã'ˆã'‹ã€ã'ã'‰ã³ã®ç°æ±ã®å-ã'Šæ-¹ã€å¤©ã·ã'‰ã®ä½œã'Šæ-¹ã®å®Ÿæ¼"ã€'

å'åŠ ã•ã'ŒãŸã'·ã'§ãƒ•ã®æ-¹é"ã¯ã¨ã¦ã''満足ãã†ã«ã-ã¦å¸°ã£ã¦ã"ã£ãŸã€'今æ-¥ã®ãŠæ-™ç†æ•™å®¤ãŒã'¤ã'®ãƒªã'¹ã®èª¿ç†æ-¹æ³•ã¨ãƒŸãƒƒã'¯ã'¹ã•ã'Œã¦ã€æ¹-水地æ-¹ã«æ-°ã-ã"æ-™ç†ãŒèª•ç"Ÿã™ã'Œã°å¬‰ã-ã"ã€'

14 12 13 16


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Thursday 26 April '07
(from Seven Samurai)

お料理教室

今日はドキドキお料理教室の日。毎日、光子さんとコミさんと一緒に「どんなメニューにしようか」と話し合い、試作品を作ったりもした。日本とイギリスでは食材の条件も違うし、水も違うので、なかなか峠村の味を出すのが難しい。光子さんとこみさんは何度も挑戦し、メニューが決まった。もちろん「ワラビ」は外せない。湖水地方には山一面にワラビが生えていて、雑草として皆に嫌がられている。山菜料理は村の人の得意とする料理のひとつである。その他、天ぷらには「タンポポの花」「椿の花」「もみじ」「エルダー(イギリス料理に使われる)」などなど、野に咲く花々を。

午前中は男性陣とともに、お料理教室に参加する地元のシェフ達が山菜採りに。午後から光子さん、コミさんが用意したランチを皆で食べる。お芋のにっころがし、しらあえ、みそ汁、峠ライス、天ぷら、そば、わらびのお浸し、漬け物・・・かなり豪勢なランチ。男性陣が、お箸の持ち方指導、女性陣が料理の仕方を説明。ワラビ料理には皆口を揃えて、「食べれるなんて知らなかった!」とビックリ。実は村の方達は「こんなにワラビがあるのに食べないだなんて、きっと昔の人が試したけど美味しくないと思ったから食べないのかも」と心配していたが、実際はただ知らないだけなのだそうだ。アダムに聞くと、この地方の人達は湖にいる魚を食べられると知ったのもここ最近のことだそうだ。

ランチ後に、カレンと村の人による「お米の炊き方」「ミソの種類」「漬け物の漬けかた」「だしの取り方」の説明があり、その後村の方達による、わらびの灰汁の取り方、天ぷらの作り方の実演。

参加されたシェフの方達はとても満足そうにして帰っていった。今日のお料理教室がイギリスの調理方法とミックスされて、湖水地方に新しい料理が誕生すれば嬉しい。

14121316


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Thursday 26 April '07
(from Seven Samurai)

ãŠæ–™ç†æ•™å®¤

今æ�??¥ã¯ã�?�?�ã�??­ã�?�?�ã�??­ãŠæ�??�?�ç�?�æ�?��?�室ã®æ�??¥ã�?��??毎æ�??¥ã�?�å�?��?�å­ã�?�ã�??�??ã¨ã�??³ã�?Ÿã�?�ã�??�??ã¨ä¸�?�ç·�??ã«ã�?��?ã©ã�??�??ãªã�?¡ã�?�?�ã�?¥ã�?¼ã«ã�??ã�??�?ã�?�ã�?�ã�?�ã¨è©±ã�??å�?ã�??ã�?�試ä½�?å�??ã�??�??ä½�?ã£ãŸã�??Šã�??�??ã�??ãŸã�?��??æ�??¥æ�?¬ã¨ã�??¤ã�??®ã�?ªã�??¹ã§ã¯é£Ÿæã®æ¡ä»¶ã�??�??é�?�ã�?�ã�??ã�?�æ°´ã�??�??é�?�ã�?�ã®ã§ã�?�ãªã�?�ãªã�?�å³ æ�??ã®å�??³ã�??�??å�?�ºã�?�ã®ã�?é�?�£ã�??ã�??ã�?��??å�?��?�å­ã�?�ã�??�??ã¨ã�??ã¿ã�?�ã�??�??ã¯ä½�?�度ã�??�??æ�?�??æ�?¦ã�??ã�?�ã�?¡ã�?�?�ã�?¥ã�?¼ã�?決ã¾ã£ãŸã�?��??ã�??�??ã¡ã�??ã�??�??ã�?��?ã�?¯ã�?©ã�?�??ã�?�ã¯å¤�??ã�?�ãªã�??ã�?��??æ¹�??æ°´å�?°æ�??¹ã«ã¯å±±ä¸�?�é¢ã«ã�?¯ã�?©ã�?�??ã�?ç�??Ÿã�?ã¦ã�??ã¦ã�?�é�?��??è�?�ã¨ã�??ã¦çš�?�ã«å«�?ã�?ã�??�?�ã�??�?ã¦ã�??ã�??�?�ã�?��??å±±è�?æ�??�?�ç�?�ã¯æ�??ã®äººã®å¾�??æ�??ã¨ã�?�ã�??�?�æ�??�?�ç�?�ã®ã²ã¨ã¤ã§ã�??ã�??�?�ã�?��??ãã®ä»�??ã�?�天ã·ã�??�?�ã«ã¯ã�?��?ã�??¿ã�?³ã�?ã�?ã®èŠ±ã�?�ã�?��?椿ã®èŠ±ã�?�ã�?��?ã�??�??ã¿ã�?ã�?�ã�?��?ã�??¨ã�?«ã�?�?�ã�?¼ï¼�?ã�??¤ã�??®ã�?ªã�??¹æ�??�?�ç�?�ã«ä½¿ã�??ã�??�?ã�??�?�ï¼�?�ã�?�ãªã©ãªã©ã�?�é�?�Žã«å�??²ã花ã�?��?�ã�??�??ã�?��??

å�?å�?�中ã¯ç�??·æ�?�§é�?�£ã¨ã¨ã�??�??ã«ã�?�ãŠæ�??�?�ç�?�æ�?��?�室ã«å�??加ã�?�ã�??�?�å�?°å�?��?ã®ã�??·ã�??§ã�?�?�é�??ã�?å±±è�?採ã�??Šã«ã�?��??å�?å¾�?ã�?�ã�??�?�å�?��?�å­ã�?�ã�??�??ã�?�ã�??³ã�?Ÿã�?�ã�??�??ã�?ç�??¨æ�??ã�??ãŸã�?©ã�?³ã�?ã�??�??çš�?�ã§é£Ÿã¹ã�??�?�ã�?��??ãŠèŠ�?�ã®ã«ã£ã�??ã�??ã�?ã�??ã�?�ã�??ã�??�?�ã�??ã�?ã�?�ã¿ãæ±ã�?�å³ ã�?©ã�??¤ã�??¹ã�?�天ã·ã�??�?�ã�?�ãã°ã�?�ã�??ã�??�?�ã³ã®ãŠæµ¸ã�??ã�?�漬ã�??ç�?�©ã�?»ã�?»ã�?»ã�?�ãªã�??Šè±ªå�?�¢ãªã�?©ã�?³ã�?ã�?��??ç�??·æ�?�§é�?�£ã�?ã�?�ãŠç®¸ã®æ�?ã¡æ�??¹æ�?�?�å°Žã�?�女æ�?�§é�?�£ã�?æ�??�?�ç�?�ã®ä»�?�æ�??¹ã�??�??説æ�?Žã�?��??ã�?¯ã�?©ã�?�??æ�??�?�ç�?�ã«ã¯çš�?�å£ã�??�??æ�?ã�?ã¦ã�?�ã�?��?食ã¹ã�??�?ã�??�?�ãªã�??�??ã¦çŸ¥ã�??�?�ãªã�?�ã£ãŸï¼ã�?�ã¨ã�?�??ã�?�?ã�??¯ã�?ªã�?��??実ã¯æ�??ã®æ�??¹é�??ã¯ã�?��?ã�??ã�??�??ãªã«ã�?¯ã�?©ã�?�??ã�?ã�??ã�??�?�ã®ã«é£Ÿã¹ãªã�??ã ãªã�??�??ã¦ã�?�ãã£ã¨æ�?�??ã®äººã�?試ã�??ãŸã�??ã©ç¾Žå�??³ã�??ããªã�??ã¨æ�?�ã£ãŸã�?�ã�??�?�食ã¹ãªã�??ã®ã�?�ã�??�??ã�?�ã¨å¿�?é�?�ã�??ã¦ã�??ãŸã�?ã�?�実éš�?�ã¯ãŸã çŸ¥ã�??�?�ãªã�??ã ã�??ãªã®ã ãã�?�ã ã�?��??ã�??¢ã�?�?�ã�? ã«èžãã¨ã�?�ã�??ã®å�?°æ�??¹ã®äººé�??ã¯æ¹�??ã«ã�??ã�??�?�é­šã�??�??食ã¹ã�??�?�ã�??�?ã�??�?�ã¨çŸ¥ã£ãŸã®ã�??�??ã�??ã�??æ�?�?�è¿�??ã®ã�??ã¨ã ãã�?�ã ã�?��??

ã�?©ã�?³ã�?å¾�?ã«ã�?�ã�??«ã�?¬ã�?³ã¨æ�??ã®äººã«ã�??�?ã�??�?�ã�?��?ãŠç±³ã®ç�??Šãæ�??¹ã�?�ã�?��?ã�?Ÿã�??½ã®ç¨®é¡žã�?�ã�?��?漬ã�??ç�?�©ã®æ¼¬ã�??ã�?�ãŸã�?�ã�?��?ã ã�??ã®å�??ã�??Šæ�??¹ã�?�ã®èª¬æ�?Žã�?ã�??ã�??Šã�?�ãã®å¾�?æ�??ã®æ�??¹é�??ã«ã�??�?ã�??�?�ã�?�ã�??ã�??�?�ã³ã®ç°æ±ã®å�??ã�??Šæ�??¹ã�?�天ã·ã�??�?�ã®ä½�?ã�??Šæ�??¹ã®å®Ÿæ¼�??ã�?��??

å�??加ã�?�ã�??�?ãŸã�??·ã�??§ã�?�?�ã®æ�??¹é�??ã¯ã¨ã¦ã�??�??æº�?�足ãã�?�ã«ã�??ã¦å¸°ã£ã¦ã�??ã£ãŸã�?��??今æ�??¥ã®ãŠæ�??�?�ç�?�æ�?��?�室ã�?ã�??¤ã�??®ã�?ªã�??¹ã®èª¿ç�?�æ�??¹æ³�?�ã¨ã�?Ÿã�?�?ã�??¯ã�??¹ã�?�ã�??�?ã¦ã�?�æ¹�??æ°´å�?°æ�??¹ã«æ�??°ã�??ã�??æ�??�?�ç�?�ã�?èª�?�ç�??Ÿã�?�ã�??�?ã°å¬�?�ã�??ã�??ã�?��??

14 12 13 16
<\p>


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Tuesday 24 April '07
(from Seven Samurai)

雨ã®ä¸­ã§ã®ä½œæ¥­ã€€ï¼’日目

今æ-¥ã¯çš†ã•ã'"上下雨対ç­-ãƒãƒƒãƒãƒªã€'雨ã¯æ˜¨æ-¥ã'ˆã'Šã‹éšåˆ†ã¾ã-ãªéœ§é›¨ã ã£ãŸã€'
今æ-¥ã''昨æ-¥ã®ç¶šãã®æ£šç"°é¢¨ç•'作ã'Šã'"森ã®æŽƒé™¤ä½œæ¥­ã''åˆå‰ä¸­è¡Œã£ãŸã€'é€"中ã€ã'¢ãƒ€ãƒ ãŒå…¬åœ'ã«æ®‹ã-ãŸã"木ã''æ'ã®äººé"ãŒåˆ‡ã£ã¦ã-ã¾ã£ãŸãƒãƒ-ニンã'°ã''ã'ã£ãŸã€'ã"ã'Œã¯ã¡ã'ƒã'"ã¨ä¼ãˆãªã‹ã£ãŸç§ã®ãƒŸã'¹ã€'ã"ã'ã'"ã­ã€ã'¢ãƒ€ãƒ ã€'
åˆå¾Œã‹ã'‰ã¯ã€ãƒžãƒƒã'·ãƒ¥ãƒ«ãƒ¼ãƒ ã®ç¨®ä»˜ã'ã''ã-ãŸã€'ï¼'メートルãã'‰ã"ã«åˆ‡ã£ãŸä¸¸å¤ªã«ãƒ‰ãƒªãƒ«ã§ãŸãã•ã'"ç©´ã''ã'ã'ã€ãã"ã«ã'¿ãƒã''トンã'«ãƒã§å©ã"ã¦åŸ‹ã'è¾¼ã'€ã€'å­ä¾›ã®éŠã³ã®ã'ˆã†ã§æ¥½ã-ã‹ã£ãŸã€'ã'¤ã'®ãƒªã'¹ã§ã¯ãã®æœ¨ã«é›'èŒãŒå…¥ã'‰ãªã"ã'ˆã†ã«ã€ç¨®ä»˜ã'ã®ã'ã¨ãƒ¯ãƒƒã'¯ã'¹ã''å¡-ã'‹ãã†ã ã€'ãã®å¾Œã¯æ©‹ä½œã'Šã€'ロã'¦ã'½ãƒ³ãƒ'ーã'¯ã«æ'ã®äººé"ã¨ã'¢ãƒ€ãƒ ã§ã€Œå³ æ©‹ã€ã''ã‹ã'ãŸã€'

ã"ã®æ-¥ã€å¥³æ€§ã®çš†ã•ã'"ã¯ã'«ãƒ¬ãƒ³ã¨ä¸€ç·'ã«ãƒªãƒªãƒ'ットレーンã®å·¥å ´ã''見学ã«ã€'å·¥å ´ã¯ã‹ãªã'Šç"°èˆŽã«ã'ã'Šã€ã'°ãƒ©ã'¤ã'¹ãƒ‡ãƒ¼ãƒ«ã‹ã'‰è»Šã§ï¼'æ™'é-"åŠã»ã©ã‹ã‹ã'‹ã€'ç"°èˆŽã®ã'°ãƒ«ã'°ãƒ«é"ã§çš†ã•ã'"車ã«é…"ã£ã¦ã-ã¾ã£ãŸãã†ã ã€'リリãƒ'ットレーンã®ãƒŸãƒ‹ãƒãƒ¥ã'¢ãƒã'¦ã'¹ã«ã¯ã€é›»æ°-ãŒç€ã"ãŸã'ŠéŸ³æ¥½ãŒæµã'ŒãŸã'Šã™ã'‹ã''ã®ã''ã'ã'‹ã€'ã'³ãƒŸã•ã'"ãŒãƒªãƒªãƒ'ットレーンã®ã'«ã'¿ãƒ­ã'°ã''見ã›ã¦ãã'ŒãŸã€'ã'«ã'¿ãƒ­ã'°ã''見ã¦ã'‹ã ã'ã§ã''å¯æ"›ã'‰ã-ã•ã¨ä½œã'Šã®ç´°ã‹ã•ã«ãŸã'æ¯ãŒå‡ºã¦ã-ã¾ã†ã€'å…‰å­ã•ã'"ã¯ã''ã†æ-¢ã«æ'ã§ã€å³


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Tuesday 24 April '07
(from Seven Samurai)

雨の中での作業 2日目

今日は皆さん上下雨対策バッチリ。雨は昨日よりか随分ましな霧雨だった。 今日も昨日の続きの棚田風畑作りや森の掃除作業を午前中行った。途中、アダムが公園に残したい木を村の人達が切ってしまったハプニングもあった。これはちゃんと伝えなかった私のミス。ごめんね、アダム。 午後からは、マッシュルームの種付けをした。1メートルくらいに切った丸太にドリルでたくさん穴をあけ、そこにタネをトンカチで叩いて埋め込む。子供の遊びのようで楽しかった。イギリスではその木に雑菌が入らないように、種付けのあとワックスを塗るそうだ。その後は橋作り。ロウソンパークに村の人達とアダムで「峠橋」をかけた。

この日、女性の皆さんはカレンと一緒にリリパットレーンの工場を見学に。工場はかなり田舎にあり、グライスデールから車で1時間半ほどかかる。田舎のグルグル道で皆さん車に酔ってしまったそうだ。リリパットレーンのミニチュアハウスには、電気が着いたり音楽が流れたりするものもある。コミさんがリリパットレーンのカタログを見せてくれた。カタログを見てるだけでも可愛らしさと作りの細かさにため息が出てしまう。光子さんはもう既に村で、峠ミニチュアハウス制作に協力してくれる人達を集めたと教えてくれた。将来峠村の新たな事業になればと思う。


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Tuesday 24 April '07
(from Seven Samurai)

雨ã®ä¸­ã§ã®ä½œæ¥­ã€€ï¼’日目

今æ�??¥ã¯çš�?�ã�?�ã�??�??上ä¸�?�é�?�¨å¯¾ç­�??ã�?ã�?�?ã�?ã�?ªã�?��??é�?�¨ã¯æ�?¨æ�??¥ã�??�?ã�??Šã�?�éšå�?�?�ã¾ã�??ãªé�?§é�?�¨ã ã£ãŸã�?��?? 今æ�??¥ã�??�??æ�?¨æ�??¥ã®ç¶šãã®æ£šç�??°é¢¨ç�?��??ä½�?ã�??Šã�??�??森ã®æŽ�?é�?�¤ä½�?業ã�??�??å�?å�?�中è¡�?ã£ãŸã�?��??é�?��??中ã�?�ã�??¢ã�?�?�ã�? ã�?å�?�¬å�?�??ã«æ®�?�ã�??ãŸã�??æ�?¨ã�??�??æ�??ã®äººé�??ã�?å�?�?�ã£ã¦ã�??ã¾ã£ãŸã�?ã�?�??ã�?�?�ã�?³ã�??°ã�??�??ã�??ã£ãŸã�?��??ã�??ã�??�?ã¯ã¡ã�??�?ã�??�??ã¨ä¼ã�?ãªã�?�ã£ãŸç§ã®ã�?Ÿã�??¹ã�?��??ã�??ã�??ã�??�??ã­ã�?�ã�??¢ã�?�?�ã�? ã�?��?? å�?å¾�?ã�?�ã�??�?�ã¯ã�?�ã�?žã�?�?ã�??·ã�?¥ã�?«ã�?¼ã�? ã®ç¨®ä»�?ã�??ã�??�??ã�??ãŸã�?��??ï¼�??ã�?¡ã�?¼ã�?�?ã�?«ãã�??�?�ã�??ã«å�?�?�ã£ãŸä¸¸å¤ªã«ã�?�?�ã�?ªã�?«ã§ãŸãã�?�ã�??�??ç©´ã�??�??ã�??ã�??ã�?�ãã�??ã«ã�??¿ã�?ã�??�??ã�?�?ã�?³ã�??«ã�?ã§å©ã�??ã¦åŸ�?�ã�??è¾¼ã�??�?�ã�?��??å­ä¾�?�ã®éŠã³ã®ã�??�?ã�?�ã§æ¥½ã�??ã�?�ã£ãŸã�?��??ã�??¤ã�??®ã�?ªã�??¹ã§ã¯ãã®æ�?¨ã«é�?��??è�?ã�?å�?�¥ã�??�?�ãªã�??ã�??�?ã�?�ã«ã�?�種ä»�?ã�??ã®ã�??ã¨ã�?¯ã�?�?ã�??¯ã�??¹ã�??�??å¡�??ã�??�?�ãã�?�ã ã�?��??ãã®å¾�?ã¯æ©�?�ä½�?ã�??Šã�?��??ã�?­ã�??¦ã�??½ã�?³ã�?�??ã�?¼ã�??¯ã«æ�??ã®äººé�??ã¨ã�??¢ã�?�?�ã�? ã§ã�?��?å³ æ©�?�ã�?�ã�??�??ã�?�ã�??ãŸã�?��??

ã�??ã®æ�??¥ã�?�女æ�?�§ã®çš�?�ã�?�ã�??�??ã¯ã�??«ã�?¬ã�?³ã¨ä¸�?�ç·�??ã«ã�?ªã�?ªã�?�??ã�?�?ã�?�?ã�?¬ã�?¼ã�?³ã®å·¥å ´ã�??�??è¦�?�å­¦ã«ã�?��??工場ã¯ã�?�ãªã�??Šç�??°è�?Žã«ã�??ã�??Šã�?�ã�??°ã�?©ã�??¤ã�??¹ã�?�?�ã�?¼ã�?«ã�?�ã�??�?�車ã§ï¼�??æ�?��??é�??�??åŠã»ã©ã�?�ã�?�ã�??�?�ã�?��??ç�??°è�?Žã®ã�??°ã�?«ã�??°ã�?«é�??ã§çš�?�ã�?�ã�??�??車ã«é�?��??ã£ã¦ã�??ã¾ã£ãŸãã�?�ã ã�?��??ã�?ªã�?ªã�?�??ã�?�?ã�?�?ã�?¬ã�?¼ã�?³ã®ã�?Ÿã�?�?�ã�?ã�?¥ã�??¢ã�?ã�??¦ã�??¹ã«ã¯ã�?�é�?�»æ°�??ã�?ç�?�ã�??ãŸã�??ŠéŸ³æ¥½ã�?æµã�??�?ãŸã�??Šã�?�ã�??�?�ã�??�??ã®ã�??�??ã�??ã�??�?�ã�?��??ã�??³ã�?Ÿã�?�ã�??�??ã�?ã�?ªã�?ªã�?�??ã�?�?ã�?�?ã�?¬ã�?¼ã�?³ã®ã�??«ã�??¿ã�?­ã�??°ã�??�??è¦�?�ã�?�ã¦ãã�??�?ãŸã�?��??ã�??«ã�??¿ã�?­ã�??°ã�??�??è¦�?�ã¦ã�??�?�ã ã�??ã§ã�??�??å¯æ�??�?�ã�??�?�ã�??ã�?�ã¨ä½�?ã�??Šã®ç´°ã�?�ã�?�ã«ãŸã�??æ¯ã�?å�?�ºã¦ã�??ã¾ã�?�ã�?��??å�?��?�å­ã�?�ã�??�??ã¯ã�??�??ã�?�æ�??¢ã«æ�??ã§ã�?�å³ ã�?Ÿã�?�?�ã�?ã�?¥ã�??¢ã�?ã�??¦ã�??¹å�?¶ä½�?ã«å�??åŠ�?�ã�??ã¦ãã�??�?ã�??�?�人é�??ã�??�??é�?��?�ã�??ãŸã¨æ�?��?�ã�?ã¦ãã�??�?ãŸã�?��??å°�?�æ¥å³ æ�??ã®æ�??°ãŸãªäº�?�業ã«ãªã�??�?ã°ã¨æ�?�ã�?�ã�?��??
<\p>


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Monday 23 April '07
(from Seven Samurai)

雨の中での作業

今日はロウソンパークでの作業の日。折角いいお天気が続いていたのに、昨日から雨。聞くと4月の湖水地方は雨が多いらしい。普段は霧雨のグライスデールも、今日は本格的に降った。しかしそれでもやるのがイギリス流。森の木を切り、片付けの作業を峠村の男性陣で行った。グライスデールはロウソンパークに棚田風の畑を作ろうと計画している。峠村の男性陣にアドバイスをもらい、ユンボで掘り起こす。湖水地方では、塀、羊の柵など石を重ねて作られている。それはこの地域一帯、掘り起こせばすぐにゴロゴロとたくさんの石が出てくるからという理由。去年の11月に私はこのロウソンパークの石垣作りのお手伝いをした。本当に掘ればすぐに石。その石を使い立体パズルを組み立てるように石を重ねていった。

棚田畑を作ろうとしている場所も、20センチも掘ればゴロゴロの石。山岸前区長さんのアドバイスで、表面の土の部分を別の場所によけておき、石部分を掘って平らにし、平らになったら表面の土を戻すことになった。

13時頃作業が終了。私も含め、皆さん防水のジャンパーなどは持参しなかったため、皆ずぶぬれだった。皆着替えも持ってきていなかったので、アダムのズボンを借りた(私も借りた)皆でチェックのズボンを履き、記念撮影。

光子さん、コミさん、純子さんが用意してくれたランチを食べ、ホテルへ戻った。その後、皆さん明日の外の作業の為にレインコートを買いに行った。

Ame


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Monday 23 April '07
(from Seven Samurai)

雨の中での作業

今日はロウソンパークでの作業の日。折角いいお天気が続いていたのに、昨日から雨。聞くと4月の湖水地方は雨が多いらしい。普段は霧雨のグライスデールも、今日は本格的に降った。しかしそれでもやるのがイギリス流。森の木を切り、片付けの作業を峠村の男性陣で行った。グライスデールはロウソンパークに棚田風の畑を作ろうと計画している。峠村の男性陣にアドバイスをもらい、ユンボで掘り起こす。湖水地方では、塀、羊の柵など石を重ねて作られている。それはこの地域一帯、掘り起こせばすぐにゴロゴロとたくさんの石が出てくるからという理由。去年の11月に私はこのロウソンパークの石垣作りのお手伝いをした。本当に掘ればすぐに石。その石を使い立体パズルを組み立てるように石を重ねていった。 棚田畑を作ろうとしている場所も、20センチも掘ればゴロゴロの石。山岸前区長さんのアドバイスで、表面の土の部分を別の場所によけておき、石部分を掘って平らにし、平らになったら表面の土を戻すことになった。 13時頃作業が終了。私も含め、皆さん防水のジャンパーなどは持参しなかったため、皆ずぶぬれだった。皆着替えも持ってきていなかったので、アダムのズボンを借りた(私も借りた)皆でチェックのズボンを履き、記念撮影。

光子さん、コミさん、純子さんが用意してくれたランチを食べ、ホテルへ戻った。その後、皆さん明日の外の作業の為にレインコートを買いに行った。 Ame


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Monday 23 April '07
(from Seven Samurai)

雨ã®ä¸­ã§ã®ä½œæ¥­

今æ�??¥ã¯ã�?­ã�??¦ã�??½ã�?³ã�?�??ã�?¼ã�??¯ã§ã®ä½�?業ã®æ�??¥ã�?��??æŠ�?è§�??ã�??ã�??ãŠå¤©æ°�??ã�?続ã�??ã¦ã�??ãŸã®ã«ã�?�æ�?¨æ�??¥ã�?�ã�??�?�é�?�¨ã�?��??èžãã¨ï¼�??æ�?�?ã®æ¹�??æ°´å�?°æ�??¹ã¯é�?�¨ã�?多ã�??ã�??�?�ã�??ã�??ã�?��??æ�?�®æ®µã¯é�?§é�?�¨ã®ã�??°ã�?©ã�??¤ã�??¹ã�?�?�ã�?¼ã�?«ã�??�??ã�?�今æ�??¥ã¯æ�?¬æ ¼çš�??ã«é�?�ã£ãŸã�?��??ã�??ã�?�ã�??ãã�??�?ã§ã�??�??ã�??�??ã�??�?�ã®ã�?ã�??¤ã�??®ã�?ªã�??¹æµã�?��??森ã®æ�?¨ã�??�??å�?�?�ã�??Šã�?�ç�?��?�ä»�?ã�??ã®ä½�?業ã�??�??å³ æ�??ã®ç�??·æ�?�§é�?�£ã§è¡�?ã£ãŸã�?��??ã�??°ã�?©ã�??¤ã�??¹ã�?�?�ã�?¼ã�?«ã¯ã�?­ã�??¦ã�??½ã�?³ã�?�??ã�?¼ã�??¯ã«æ£šç�??°é¢¨ã®ç�?��??ã�??�??ä½�?ã�??ã�?�ã¨è¨�?ç�??»ã�??ã¦ã�??ã�??�?�ã�?��??å³ æ�??ã®ç�??·æ�?�§é�?�£ã«ã�??¢ã�?�?�ã�?ã�??¤ã�??¹ã�??�??ã�??�??ã�??�?�ã�??ã�?�ã�?¦ã�?³ã�?�?ã§æŽ�?ã�??Šèµ·ã�??ã�?�ã�?��??æ¹�??æ°´å�?°æ�??¹ã§ã¯ã�?�å¡�?�ã�?�羊ã®æŸµãªã©çŸ³ã�??�??é�?�ã­ã¦ä½�?ã�??�?�ã�??�?ã¦ã�??ã�??�?�ã�?��??ãã�??�?ã¯ã�??ã®å�?°åŸŸä¸�?�帯ã�?�æŽ�?ã�??Šèµ·ã�??ã�?�ã°ã�?�ãã«ã�??´ã�?­ã�??´ã�?­ã¨ãŸãã�?�ã�??�??ã®çŸ³ã�?å�?�ºã¦ãã�??�?�ã�?�ã�??�?�ã¨ã�??ã�?�ç�?�ç�??±ã�?��??去年ã®ï¼�??ï¼�??æ�?�?ã«ç§ã¯ã�??ã®ã�?­ã�??¦ã�??½ã�?³ã�?�??ã�?¼ã�??¯ã®çŸ³åž£ä½�?ã�??Šã®ãŠæ�?��?�ä¼ã�??ã�??�??ã�??ãŸã�?��??æ�?¬å½�??ã«æŽ�?ã�??�?ã°ã�?�ãã«çŸ³ã�?��??ãã®çŸ³ã�??�??使ã�??ç«�?�ä½�??ã�?�??ã�??ºã�?«ã�??�??çµ�??ã¿ç«�?�ã¦ã�??�?�ã�??�?ã�?�ã«çŸ³ã�??�??é�?�ã­ã¦ã�??ã£ãŸã�?��?? 棚ç�??°ç�?��??ã�??�??ä½�?ã�??ã�?�ã¨ã�??ã¦ã�??ã�??�?�å ´æ�?��?�ã�??�??ã�?�ï¼�??ï¼ã�??»ã�?³ã�?ã�??�??æŽ�?ã�??�?ã°ã�??´ã�?­ã�??´ã�?­ã®çŸ³ã�?��??山岸å�?�å�?ºé�?�·ã�?�ã�??�??ã®ã�??¢ã�?�?�ã�?ã�??¤ã�??¹ã§ã�?�表é¢ã®å�?Ÿã®é�?¨å�?�?�ã�??�??å�?¥ã®å ´æ�?��?�ã«ã�??�?ã�??ã¦ãŠãã�?�石é�?¨å�?�?�ã�??�??æŽ�?ã£ã¦å¹³ã�??�?�ã«ã�??ã�?�å¹³ã�??�?�ã«ãªã£ãŸã�??�?�表é¢ã®å�?Ÿã�??�??æ�?»ã�?�ã�??ã¨ã«ãªã£ãŸã�?��?? ï¼�??ï¼�??æ�?��??é �?ä½�?業ã�?çµ�??äº�?�ã�?��??ç§ã�??�??å«ã�??ã�?�çš�?�ã�?�ã�??�??é�?²æ°´ã®ã�??¸ã�?£ã�?³ã�?�??ã�?¼ãªã©ã¯æ�?å�??ã�??ãªã�?�ã£ãŸãŸã�??ã�?�çš�?�ãšã¶ã¬ã�??�?ã ã£ãŸã�?��??çš�?�ç�?�æ�?�¿ã�?ã�??�??æ�?ã£ã¦ãã¦ã�??ãªã�?�ã£ãŸã®ã§ã�?�ã�??¢ã�?�?�ã�? ã®ã�??ºã�?�?ã�?³ã�??�??å�?�Ÿã�??ŠãŸï¼�?ç§ã�??�??å�?�Ÿã�??ŠãŸï¼�?�çš�?�ã§ã�?ã�??§ã�?�?ã�??¯ã®ã�??ºã�?�?ã�?³ã�??�??å±¥ãã�?�è¨�?念æ�??®å½±ã�?��??

å�?��?�å­ã�?�ã�??�??ã�?�ã�??³ã�?Ÿã�?�ã�??�??ã�?�ç´�??å­ã�?�ã�??�??ã�?ç�??¨æ�??ã


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Monday 23 April '07
(from Seven Samurai)

Dressed up



After the day everyone sat around the fire warming up and talking, Kimio-san commented on a Christopher Dresser teapot on the mantel piece, surprised that I owned a Japanese wedding sake jug. The design was an exact copy of a relatively rare object. I explained it was designed in the 1870’s and was considered a cornerstone in the development of modernism (these teapots fetch in the 200k region at auction – not the one I have it’s a unsigned copy).

Checks_and_tartan


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Monday 23 April '07
(from Seven Samurai)

Dressed up

After the day everyone sat around the fire warming up and talking, Kimio-san commented on a Christopher Dresser teapot on the mantel piece, surprised that I owned a Japanese wedding sake jug. The design was an exact copy of a relatively rare object. I explained it was designed in the 1870’s and was considered a cornerstone in the development of modernism (these teapots fetch in the 200k region at auction – not the one I have it’s a unsigned copy). Checks_and_tartan


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Sunday 22 April '07
(from Seven Samurai)

å³ ãƒã‚¦ã‚¹ã®æ‰“ã¡åˆã‚ã›

ニナã¨ã‚«ãƒ¬ãƒ³ãŒå³ ã®ãŠåœŸç”£ã‚’作ã‚ã†ã¨è¨ˆç”»ã—ã¦ã„ã‚‹ã€Œå³ ãƒã‚¦ã‚¹ã€ã€‚ 今日ã¯æ‘ã®çš†ã•ã‚“ã«è©¦ä½œå“を見ã¦ã‚‚らã£ãŸã€‚ã‹ãªã‚Šã‚«ãƒ¯ã‚¤ã‚¤ã€œãƒ½( ̄▽ ̄)ノ æ‘ã®äººé”ã‹ã‚‰ã‚‚「ã‚ã‚å¯æ„›ã„ã€ã¨å£°ãŒä¸ŠãŒã£ãŸã€‚リリパットレーンãŒé–¢ã‚ã£ãŸã ã‘ã‚ã£ã¦ã€ã‹ãªã‚Šç´°ã‹ã„ã¨ã“ã‚ã¾ã§å·¥å¤«ãŒã•ã‚Œã¦ã„る。ã“ã‚Œã‹ã‚‰æ•°å€‹ä½œã‚‰ã‚Œã¦ã€ã‚°ãƒ©ã‚¤ã‚¹ãƒ‡ãƒ¼ãƒ«ã€å³ æ‘やインターãƒãƒƒãƒˆã§è²©å£²ã—ã¦ã„ã予定。グライスデールã®å®¶ãƒ‡ã‚¶ã‚¤ãƒ³ã‚‚åŒæ™‚ã«è²©å£²ã•ã‚Œã‚‹ã€‚

House_3 House2


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Sunday 22 April '07
(from Seven Samurai)

峠ハウスの打ち合わせ

ニナとカレンが峠のお土産を作ろうと計画している「峠ハウス」。 今日は村の皆さんに試作品を見てもらった。かなりカワイイ〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ 村の人達からも「わあ可愛い」と声が上がった。リリパットレーンが関わっただけあって、かなり細かいところまで工夫がされている。これから数個作られて、グライスデール、峠村やインターネットで販売していく予定。グライスデールの家デザインも同時に販売される。

House_3House2House3


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Saturday 21 April '07
(from Seven Samurai)

峠村 イギリス生活2日目

今日は7:30起床で近所を走ってみた。滞在しているコネストンという小さな街は、ホテルが数軒、そしてお土産屋さんが並ぶ観光地。私達はコテージを借りて約1週間の滞在。このコテージの庭はとても綺麗。ジョギングから帰ってきたら、キミオさんとミツ子さんが外に出ていて、庭でゼンマイが生えているのを見つけた。峠村の人達は、イギリスに生えてる草木がとても珍しいらしく「これはなんだろう」といつでもチェック。 朝ご飯の後、アダム達がやってきて皆でウインドミアという街へ観光へ。そこへ行く途中、アダムが山を指差して「ここはワラビが山中生えてるので、取りたかったらドンドンとっていい」と言ったので、ミツ子さんは大喜び。湖水地方ではわらびはどこでも生える雑草として、皆に嫌がられているそう。アダムは運転の途中にフキノトウを見つけたり、ワイルドガーリックと呼ばれる草を見つけてきたり・・・村の人は興味津々で草を眺めていた。 ウインドミアでアダムのオススメ、イギリス名物フィッシュ&チップスを食べた。ここは私が今まで食べた中で一番美味しかった。ミツコさんはおいしいおいしいと食べていたけれど、他の村の人達にはあまり人気がなかった。アダムが「だから外国人は日本食をおいしいと思うんですよ」と冗談を言った。その後、イギリスのお菓子のお店で皆さんお土産を買い、その後教会を見に行った。峠村の皆さんは、どこへ行ってもとにかく生えている草花がなんと呼ばれているのかということが気になるらしい。教会の中よりも庭の草花の話で盛り上がった。

観光が終わり、ロウソンパークへ。ここは今まさにグライスデールが家庭菜園や、石垣、はちみつ作り、盆栽作りなど色々なことに挑戦している公園で、私が半年前に見たときよりも更に綺麗になっていた。アダムが村の人達を案内し説明。村の人達とアダムには言葉の壁があるけれどお互いにかなり植物に興味を持っているので理解し合える何かがあると私は思った(通訳している私は草の名前が日本語でも英語でもほとんどわからなかった・・・)。村の人達が「今の時期、峠村では山菜採りの真っ盛りなんだよ。今年はイギリスに来たからできなくて寂しいなあ」と言われたので、夕食の時間まで、この近所でワラビ取りをすることにした。まだ山の上は寒いので湖の近くで探すのがいいとのこと。皆で山を下り、湖沿いにワラビを探した。村の人はとにかく速い。見つけるのも速ければ、取るのも速い。私がもたもたしてる間に、村の人達は手にいっぱいのワラビを抱えてみせてくれた。アダムの家へ戻り、暖炉の灰を使ってわらびの灰汁抜きをした。村の人達は、初めてのイギリスでも、持ち前の知恵で乗り越えていく。イギリスでは暖炉が家に普通にあるので、灰はどの家庭にでもある。アダムもカレンも灰汁抜きに灰を使うことを初めて知って喜んでいた。

その後バーナビーが組み立てたモンゴリアンテントの中で、皆でディナー。今日は皆さん旅行疲れや時差ぼけで早く切り上げて家に帰って就寝。


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Saturday 21 April '07
(from Seven Samurai)

The return of the 7 Samurai

6 of the villagers from Toge arrived in Coniston shortly after midnight on Friday night. After 28 hours of travel they were raring to go. Vast amounts of rice appeared from suitcases, scores of pairs of home made slippers, pickles and mountain shoots straight from the toge hills spilled onto the table. The British holiday home was adapted for Japanese use, cups for bowls, the novelty of the handle, actually no batted an eye at not taking off shoes. Karen had prepared a 'comfort' mini meal of rice, miso soup and omlette. On Saturday we are taking them out for fish and chips in Keswick, let the adventure begin.


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Friday 20 April '07
(from Seven Samurai)

å³ æ‘ã®çš†ã•ã‚“イギリスã«åˆ°ç€ï¼ï¼Ÿ

グライスデール・七人ã®ä¾ã®å³ ã§ã®æ´»å‹•ã‹ã‚‰æ—©ï¼™ãƒ¶æœˆã€‚大地ã®èŠ¸è¡“祭ã¯çµ‚ã‚ã£ãŸã‘ã‚Œã©ã€ã“ã®ãƒ—ロジェクトã¯ã¾ã ç


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Friday 20 April '07
(from Seven Samurai)

峠村の皆さんイギリスに到着!?

グライスデール・七人の侍の峠での活動から早9ヶ月。大地の芸術祭は終わったけれど、このプロジェクトはまだ続いている。1ヶ月間の峠での滞在を終える時に、山岸前区長さんと話し合いをし、峠村の数人の方がイギリスのグライスデールを訪れることが決まった。その時から遠く離れているイギリスと日本とでやり取りを重ね、ついにこの日がやってきた。初めての海外旅行の方もいるということだし緊張していらっしゃるだろうと思い、出発3日前に電話を入れてみたところ、かなり皆さんお元気そうで安心した。峠村滞在中でも私よりも2倍以上の年齢の方が、私よりも元気いっぱいだったことをこの電話で思い出した。

ヒースロー空港へお迎えに。飛行機が少し遅れたということで1時間の延滞。ドキドキしたけれど皆さん無事に到着してひと安心。そこからグライスデールにミニバスで向かった。峠村→グライスデールの旅は、合計28時間!!(°口°;) !!飛行機の中では興奮して眠ることが出来なかったそうで、バスの中では皆さん相当お疲れ気味でした。しかし、滞在中にコテージが近づき、アダムをはじめカレン、ニナ、ティムが出迎えると皆さんに元気が戻ってまた一安心。 明日、明後日の2日間はのんびりと観光の予定。

Arrived


Pseudonyms welcome.

Will not be displayed or spammed.

Used to link to you.

Our blogs
2010
2007
2006
2005
2017
Contributors: